審美歯科で歯並びを治す場合

噛み合わせなどで悩んでいる人は、歯並びを治す為に矯正歯科に行くことが多いんではないでしょうか。

矯正歯科と審美歯科を併設しているクリニックも増えています。

しかし、矯正歯科に行って治療してもらう場合は、審美歯科と同様に保険が効かない場合でも一層実際的に歯並びを良くするわけです。

歯並びを矯正すること自体、健康に関わる実際的な治療であると同時に、美しく見せる目的も大きいんですけどね。

ただ、矯正歯科の方がより現実的で実用的というべきでしょうか。

だから、長い期間に亘って歯に矯正用のワイヤーを取り付けたりします。

そうすると、見た目はどうしてもキレイではないので敬遠する人も多いんです。

審美歯科で相談して歯並びを治してもらう場合は、治療の過程も含めて見た目が綺麗なように工夫してもらえます。

どんな治療方法を採るかにもよりますが、途中の過程でも綺麗に見える分かかる費用も高かったりします。

逆に、矯正歯科だと治療中は見栄えが良くないだけに、経費もやや安めだったりします。

歯並びの矯正となると、矯正歯科でワイヤーを取り付けるような方法でも費用は安くはありません。

日本では特別な場合を除いて歯並びの矯正では保険が効かないことがほとんどだからです。

歯並びの具合で違ってきますが矯正歯科でも何十万円もかかったりします。

審美歯科に行くと、様々な新しい技術を取り入れているので、場合によっては経費を抑えられるかもしれません。

両方に行って相談してからどんな方法で直すか決めれば後悔がないでしょう。

一般的に言って、審美歯科では治療中にも美しさを求めますから、あまり酷い歯並びだと直せないケースもあるようです。

その点、矯正歯科の方が難しい歯並びでも治療が可能だったりします。

矯正歯科では歯をユックリ移動させて歯並びを治すからです。

審美歯科では、歯を移動させるというよりも歯を削って被せ物をすることで美しく見える様にするのです。

歯並びの乱れが比較的軽くて、早く目立たせず直したいなら審美歯科がお勧めです。

先ずは、クリニックに行って最適の治療について尋ねてみましょう。